FC2ブログ

8月1日から半年、隣町の市教委の臨時職員になります。

東京の会社を辞めて、二年八ヶ月ぶりに、半年の予定で隣町の市教委に就職が決まりました。

最初の一年は、職業訓練校にて、電気工事の技能を身につけ、次の年から今年春にかけて、二種電気工事士免許、一種電気工事士試験合格、MOS(Microsoft Office Specialist) 2007 Masterを取って、この四月から就職活動をしていました。

それが、今日、やっと採用通知が来ました。

面接時、パソコン操作ってことで、テストを受けています。MS-Excel 2003を使って、成績表の平均を求めたり、ある点数以下の表示色を変えたりしました。まあ、2007 Master資格でも必須の機能ですから、2003だからといって、GUIが違うだけですし。

まあ、中々採用通知が来なかったので、ヤキモキしました。
スポンサーサイト

足がこむら返りする理由は、足を冷やすから、、。

私場合、電解質の不足とか疲れとか、では無い。
今朝、つりそうになった。

足を冷やすから、、、扇風機を直接当てないようにして、寝ているけど、やはり冷えるのだろう。

冬から続けていたフットウォーマー(膝下から足首まで)をはいて寝ないと駄目みたい。

冬だったら、二三日続けて履いていても大丈夫だけど、夏は毎日変えないと、、、。


杖が必要になったらでは無く

杖が必要なったら、ノルディックウォークではなく、ノルディックウォークを積極的に使って、歩こうかと、、、。

歩きのスピードが上がり、姿勢が良くなって、ふらつきが補正され、歩きやすいような気がする。



見せびらかすわけではないけれど

明日は、近畿SCD・MSA友の会1班茨木市での交流会が午後からある。

多分、晴れるだろうから、行き帰りにノルディックウォークを使おうと思う。

「難病と在宅ケア」で興味がわいたもの。

「難病と在宅ケア」は、2011年6月号は脊髄小脳変性症が特集されていたため、購入した。
2011年7月号からは年間購読手続きをした。
この雑誌は、使われている言葉が難しく、ちゃんと読めているか怪しいところが多々ある。

興味が湧いた記事を挙げると以下のものがある。

2011年6月号では、
・身体に合った「車いす」を求めて

2011年7月号では
・トラベルヘルパーが教える旅の夢の叶え方
・舌苔の除去の考え方と用具

ノルディックウォークを使ってリハビリでは無いけれど、、。

「脊髄小脳変性症」と「ノルディックウォーク」の二つでググルと、何も新しいことをしているわけでないことがよく分かる。

理学療法士さんがノルディックウォークをご存じなければ、講習会等に参加してもらって、それから指導してもらっても良いわけだし。

私は、普段の歩きが、遅くなったのは、ふらつきと重心が問題だと思ってる。
例として、最寄り駅までの徒歩で出る時間が、以前は10分から12分だったのが、今では20~25分かかる。このため、家を出る時間を少し早めている。
まあ、加齢によるものかもしれないけど。

杖を処方されたわけでもないから、ノルディックウォークはリハビリとしてではなく、エクササイズ的に使うけど、歩きが楽なのは確か。

それは、ふらつきが左右のスティックにより抑えられ、後ろにあった重心が前寄りになるから、だと思う。

近所の郵便局までノルディックウォークで

雑誌の年間購読申し込みの振込みがあったので、約1Km先の郵便局まで往復にノルディックウォークを使ってみた。

最初は、チグハグだったけど、すぐに慣れて、さっさと歩けた。ボールを突いている場所は、前に出した足のかかとの後ろ位、多分、前に出した足と後ろにある足の間位だと思う。ポールをしっかり押し出すと、左右のバランスが狂ってくるので、前に足を出すタイミングで反対のポールを前に持ってくる感じ。

膝に掛かる負担というか、偶にぐらぐらしていたのが、気にならない。どちらかといえば、ポールを足で引っ掛けないように、気をつけないと、、。

伸縮ポールなので、どのくらい体重を掛けても大丈夫か、分からない。しっかり留めていたら、突然引っ込むことは無いと思うけど。

長さは、120cmよりか、115cmの方が歩きやすかった。私の身長が177cmだから、約65%。

ストラップは、手首にしっかり巻けるのは良いのだけど、汗で、、、。汗を吸ってすぐ乾くような指の切ってある手袋を探してこないと。

今まではどうしても、ふらふら歩いてしまっていたけど、これを使っていると、安定して、さっさと歩けそう。かばんはリュックにして、、。

突いた感じは、良いけど、稀に滑るような感じがする。まだ、扱いがどこか違うのかもしれない、、。

MRIの結果

二年前と変わりなく、小脳の辺りがしわしわだと、、。

変性具合は変わりなし、ということ。


まあ、より小さくなったら、何故?という話になるだけかもしれないけど。
変性しているから、大きくはならないはずだし、、、。大きくなったら、なったで、何で?という話になるから、、。

ということで、変わりなし。

それから、障がい手帳申請の話はしなかった。

歩く距離が縮んだり、トラブルが発生したら、そのときは、遠慮なく、かな?

身体障害者基準

申請用紙は貰ってきてあるが、見ていると、介助が必要になったら、、ということのよう。
都道府県は違うが、愛知県に基準が出ている。

身体障害認定基準

日常生活に不自由はあっても介助がいらない状態なら、申請しても無駄。かな?

10kg以上のものがもてなくなったとか、2Km以上歩けなくなったとか、って、この辺り全然大丈夫だし、
コミュニケーション取れているし、、、。パソコンのキーボードはタッチ(ブラインド)タイピングできているし。

『難病と在宅ケア』の年間購読を申し込んだ。

しばらく、継続してみようか、、という気になった。

読んでいても、ちんぷんかんぷんのところが無いわけではないけれど、一年後もそうなのか? 慣れもあるだろうし、

ということで、月刊雑誌「難病と在宅ケア」の出版社 日本プランニングセンター【医学書・医学雑誌出版社】から申し込んでみた。

プロフィール

hatwo

Author:hatwo
FC2ブログへようこそ!

近畿SCD・MSA友の会の正会員で、現在、副会長兼編集です。ホームページもメンテナンスしています。だから、そっち方面のことも載せています。

あっちこっちガタがきている様で、、、(T_T)

プロフィールのふくろうのぬいぐるみは、1997頃からうちにいます色違いの子(白色)が映画Lost In Translationに出演していました。


最近は、NPO法人まちづくりねっと・うじのサポーターとしてお手伝いしています。

ここのブログの更新頻度は、忘れたころに、、ですが、お茶っ人なら、もっと頻度は高いです。でも、そこは完全に地域SNSですけどね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

SORA TO HIMAWARI